こだいらぽんたの読書日記

古典多めの読書日記です。名作映画100選もあります。

ノンフィクション

昭和史への興味をかき立ててくれた一冊。/山内昌之・佐藤優著『大日本史』(文春新書)

山内昌之氏による「まえがき」で初めて知ったことがふたつある。一つ目は、今の高校では世界史が必修科目で日本史が選択科目だということ。二つ目は、2022年度から高校に新必修科目として「歴史総合」という、世界史と日本史を融合させた科目が登場するとい…

野島博之著『三行で完全にわかる日本史』(集英社)

野島博之著『三行で完全にわかる日本史』(集英社) 「これさえ読めば日本史のアウトラインはわかる。暗記前にこの一冊を仕上げておけば・・・」という初学者用の本は多い。ところが「あれもこれも」と盛り込みすぎるのか、肝心のアウトラインがぼやけている…

李淳馹(リ・スンイル)著『青き闘球部ー東京朝鮮高校ラグビー部の目指すノーサイド』(ポット出版)

李淳馹(リ・スンイル)著『青き闘球部ー東京朝鮮高校ラグビー部の目指すノーサイド』(ポット出版) ざっくりとした内容 *1975年、東京朝鮮高校ラグビー部創設。顧問の先生も含めてラグビー経験者皆無のド素人集団だ。ところがある日、「君たちの練習見て…

「オフサイドの位置」にいることは「良くない行為」である!? 中村敏雄著『オフサイドはなぜ反則か』

中村敏雄著『オフサイドはなぜ反則か』(平凡社ライブラリー) ざっくりとした内容 *オフサイドがなかったら、すぐにゲームが終わっちゃう!短いゲームなんて言語道断、ゲームは長ければ長いほどいいんだよ。なぜって、フットボールは人々と感情を共有する…

大切なのは、他者に共感する気持ち。さかなクン著『さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生!~』

さかなクン著『さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生!~』(講談社) 本書は、テレビで大活躍中のさかなクンの自叙伝だ。東京海洋大学客員准教授でもある彼が、絶滅が信じられていたクニマスの生存を確認したことは記憶に新しい。さかなクンのお魚イラ…

動物の不思議な行動にはそれなりの理由がある。『ソロモンの指環ー動物行動学入門ー』

コンラート・ローレンツ著/日高敏隆訳『ソロモンの指環ー動物行動学入門ー』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫) この本を読むと、人間には理解しがたい行動でも、動物には動物の理屈があることがわかる。 たとえばイヌだ。イヌにはジャッカルを祖先として…