こだいらぽんたの読書日記

古典多めの読書日記です。名作映画100選もあります。

名作映画100選

見ておいて損はない名作映画100選の7作目。映画:ワイルドバンチ

「見ておいて損はない名作映画100選」の7作目だ。ネタバレあり。 この映画こそ映画館で見るべき映画かもしれない。メキシコの赤茶けて乾ききった大地、砂埃を立てて駆け回る男たちの汚らしさ、そして大迫力の銃撃戦。映画館の大スクリーンならひとつひとつの…

見ておいて損はない名作映画100選の6作目。映画:流れる

「見ておいて損はない名作映画100選」の6作目は日本映画から。 邦画というとどうしても黒澤明や小津安二郎の名が挙げられるが、名画100選の選者(夫のこと)が「日本映画を代表する名監督といえば、黒澤でもなく小津でもなく、まぎれもなく成瀬巳喜男である…

見ておいて損はない名作映画100選の5作目。映画:子猫をお願い

「見ておいて損はない名作映画100選」の5作目は韓国映画だ。 いい映画とは「見る人によってさまざまな解釈が成り立つこと」「見るたびにさまざまな発見があること」だと思う。この映画はまさにそういう映画だ。商業高校で仲良しだった5人組の女子高生たちが…

見ておいて損はない名作映画100選の4作目。映画:藍色夏恋

見ておいて損はない名作映画100選の4作目は台湾映画だ。派手さはないが、じわじわと静かな感動が迫ってくる作品だ。 4作目。 藍色夏恋(2002/台湾・フランス)藍色大門 BLUE GATE CROSSING監督:イー・ツーイェン出演:チェン・ボーリン/グイ・ルンメイ/…

見ておいて損はない名作映画100選の3作目。映画:イン・ディス・ワールド

この映画はかつて映画館で見たことがある。「いい映画だな」という印象は受けたものの、中身はほとんど忘れてしまっていた。だから今回DVDで見直して驚いた。こんなにもいい映画だったか?当時、私は何を見ていたのだろうか。 アフガン難民がブローカーにカ…

見ておいて損はない名作映画100選の2作目。映画:マイ・ネーム・イズ・ジョー

「見ておいて損はない名作映画100選」の2作目。せっかく選んでもらったのだが、TSUTAYAでレンタルDVDを扱っていないため、見ることができていない。とりあえず宿題ということで、作品名だけあげておく。 2作目。ケン・ローチの作品だ。 マイ・ネーム・イズ・…

見ておいて損はない名作映画100選の1作目。映画:カリフォルニア・ドールズ

私は、映画というものをほとんど見ていない。だから世の中にどんな素晴らしい映画があるのか知らないのだが、全く知らずにいるのももったいないような気がしてきた。そこで、必ず見ておくべき名作映画100選、というものを映画をライフワークとしている夫にピ…