こだいらぽんたの読書日記

古典多めの読書日記です。名作映画100選もあります。

大切なのは、他者に共感する気持ち。さかなクン著『さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生!~』

f:id:kodairaponta:20171024234123j:plain

 さかなクン著『さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生!~』(講談社

 

本書は、テレビで大活躍中のさかなクンの自叙伝だ。東京海洋大学客員准教授でもある彼が、絶滅が信じられていたクニマスの生存を確認したことは記憶に新しい。
さかなクンのお魚イラストを初めて見たときは本当に驚いた。今までみんな同じ顔に見えていた魚が、実は個性と表情が豊かなことに気づかされたからだ。エビスダイの黒目がちなきょろんとした目。海の中を堂々と泳ぎながら笑っているクロマグロ。海や川に住む友人たちに対する心からの敬意と愛情がなければ、こんな絵は描けないだろう。
 
さかなクンは小さい時から絵が大好きだった。運動はからきしダメ。休み時間に校庭へ飛び出していく仲間をしり目に、机に向かって絵ばかり描いていた。魚との運命の出会いは小学2年生の時だ。友達が自分のノートにタコの落書きをした。そのタコの姿に衝撃を受け、その日以来、頭の中はタコのことばかり。学校の図書室で『水の生き物』という図鑑を借り、写真を見ながらタコの絵を描く。町の図書館や本屋さんにも通い詰め、タコの写真を探す。そのうち図鑑だけでは飽き足らなくなって、母親に毎週水族館にも連れて行ってもらう。他の魚には目もくれず、タコの水槽にずっと張り付いているさかなクン。入館から閉館になるまでずっと張り付いていたというから、お母さんもよく付き合ったものだ。


タコの絵ばかり描いていたさかなクンは、いつしか他の魚にも興味を持つようになる。お魚屋さんに通いつめ、水族館にも通いつめ、そこで知り合った魚屋のお兄さんや水族館の職員が、さかなクンに魚についていろいろなことを教えてくれる。魚が大好きな少年が目を輝かせて自分の話に聞き入っていたら、大人たちも嬉しくなってしまうに違いない。

 

そしてさかなクンは、自分でも魚を飼ったり釣りを楽しむようになる。中学時代は仲間たちと学校でカブトガニを飼い、カブトガニの人工孵化に成功している。地元の公立高校に進学しても魚一辺倒の生活は変わらない。そして高校3年生の冬、テレビ東京系列で放送していた「TVチャンピオン」の第4回全国魚通選手権で優勝するのである。
 
ところが、ろくろく授業も聞いていない魚ばかりの生活では、勉強ができるわけがない。ずっと行きたかった東京水産大学(現東京海洋大学)にも「この成績じゃ無理だ」と先生に引導を渡されてしまう。他の大学で「一芸入試」突破を試みるも不合格。「水産生物科」のある専門学校に進学しようとするが、なんと定員割れで「水産生物科」が廃止になったため、しかたなく「アニマルケア科」に進学することになる。


将来は魚にかかわる仕事がしたい。魚の研究をして、魚のイラストを描いていたい。そう考え、さかなクンはいろいろな道を模索する。水族館実習に参加するが、普通の仕事がなかなか覚えられない。熱帯魚屋さんでアルバイトも経験するが、店で扱う魚の種類が限られているので今ひとつ興味が持てない。お寿司屋さんのアルバイトでは、不器用すぎてまともに寿司が握れない。いったい自分は何に向いているのか・・・。
 
その時、一筋の光明が見える。アルバイト先のお寿司屋さんが、壁いっぱいに魚の絵を描いてほしいとさかなクンに頼むのである。大喜びで魚のイラストを描くさかなクン。その「お魚アート」が話題を呼び、「うちの店の壁にも描いて」と依頼がどんどん舞い込むようになる。そしてある日、テレビ局から「あなたに密着したドキュメンタリー番組を撮らせてください」という電話が舞い込むのである。その後のテレビでの活躍は、みんなの知るところである。
 
好きなことがあるのは誇らしいし、好きなことをどこまでも追求することは素晴らしい。しかし、さかなクンが大好きな「お魚の道」で食べて行けるほど成功したのは、好きなことをがむしゃらに突き進んでいったからだけではないと思う。
さかなクンは他者の痛みがわかるのだ。中学生のとき、まわりにいじめられている子がいた。まわりの状況に疎いさかなクンはそのことに気づかず、その子がどうして暗い顔をしているのか不思議に思う。

「どうしたの?」
と聞くと、目を伏せたまま、
「いや、べつに。」
としか答えてくれません。そこで、持っていたノートに先週釣ったお魚の絵を描きました。
「ねえねえ、このお魚見てみて!キヌバリっていうハゼの仲間でね、江の島で釣れるんだよ!キヌバリがいるところはさ、海の水がすっごい透きとおっててキレイなんだよぉ。」
すると、その子はやっと顔をあげてボソッと、
「いいなあ。たまには釣りも。」
と言いました。
「じゃあ今度いっしょにいこうよ。来週の日曜日いかない?」
「いいよ。」
こうしてその子とふたりで釣りにいくことになったのです。
江の島に行き、ふたりで釣りをしました。ただ釣り糸を垂らしていただけでしたが、釣りをしているうちに悲しそうな、その子の顔がじょじょにやわらかくホッとした表情になっていくのがわかりました。なにがあったのか、そのとき聞くことはできなかったけど、すこしだけ見せてくれた笑顔がただうれしくて、「よかった。」と安心しました。(P156-157)

その後、その子がいじめられていることを知ったさかなクンは、自分が飼っているメジナの世界といじめの世界を対比させる。メジナは広い海のなかでは群れを作って仲良く泳いでいる。ところが狭い水槽で飼っていると、いじめがはじまってしまうのだという。執拗につつかれていたメジナを別の水槽に移しても、こんどは他の子がいじめられる。いじめっ子を別の水槽に移しても、新たないじめっ子があらわれる。「狭いところにいると、お魚も人も、みんな心が苦しくなっちゃうのかなあ」とさかなクンは感じる。

大事なのは、他者に共感する気持ちだ。好きなことを追求し続けても独りよがりに終わっては何にもならない。さかなクンの場合は、どんなときも周囲のみんなが彼を助けてくれた。それは、彼の他者に共感する気持ちが周囲を動かしてくれたのだと思う。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村