こだいらぽんたの読書日記

古典多めの読書日記です。名作映画100選もあります。

時勢に驕った官軍どもに、いじめぬかれた虫けらの性根と力を知らしめよ。 司馬遼太郎著『峠』(下)

f:id:kodairaponta:20171116203646j:plain

司馬遼太郎著『峠』<下>(新潮文庫

 

河井継之助の「長岡藩独立国構想」。それは、勤皇派にも佐幕派にも属せず「長岡国」として独立するという構想だった。徳川慶喜大政奉還をして新政府に恭順の意を示している今、官軍の最大の目標は会津藩となっている。そのとき長岡藩は官軍にも会津藩にもつかない。どちらにも「待った」をかけ、両者の調停役となろうというのだ。会津藩を平和のうちに恭順させ、官軍にも会津藩の言い分を聞き入れさせる。

徳川家の番頭である譜代大名として筋を通し、官軍との戦いを回避するにはこれしかない。時勢が官軍に味方している。しかし官軍に降伏すれば、長岡藩は会津藩を討つための先鋒をやらされるだろう。それだけは道義的にできない。

問題は、これができるかどうか、だ。

継之助には時間がなかった。

 

京都から帰還した継之助は家老上席(首相)となっているが、彼が藩政のトップになったころにはすでに大政奉還が行われていた。官軍や会津藩と外交をして根回しする時間もなかったし、藩論をまとめあげる時間もなかった。「あんたの思想のために長岡が滅ぼされてはたまらない」と言い張る部下に、継之助は終身蟄居を申し渡している。官軍は長岡に日に日に迫っていた。議論を尽くす余裕はなかった。

 

官軍は越後高田に終結し、ついに小千谷も占領してしまう。長岡藩は継之助を軍事総督として臨戦態勢に入る。誰であろうと長岡には入れない。彼らは「長岡に入るものはみんな敵である」という、実に難しい立場を固辞し続けるのだ。

 

一方、継之助は「嘆願書」を持って小千谷に向かう。長岡藩は官軍にも旧幕軍にもつかないということを明言した文書だ。官軍に対しては武力を背景に発言し、官軍と会津、両者の調停役を買って出る。日本の内乱をここで終息させるために一役買いたい。長岡藩生き残りをかけた命がけの嘆願だった。

ところが、不幸なことに山県狂介(有朋)や黒田了介(清隆)といった「大物」は柏崎に出払っていて不在だった。小千谷にいたのは岩村高俊という若い軍監だ。岩村には継之助の言うところが理解できない。はなから話を聞くつもりもなく「問答無用」と継之助を追い返してしまうのである。慈眼寺で行われた小千谷談判は不調に終わった。

 

後年、長州人の品川弥二郎は語ったという。「そもそも河井の相手に岩村のような小僧を出したのがまちがいのもとだ」と。なぜ黒田了介や山県狂介が出て直接会わなかったのか。彼らなら政治的に解決する策も模索できたかもしれない。少なくとも長岡が火の海になることを防ぐことはできたのではないだろうか。

司馬遼太郎は慈眼寺を訪れた際、継之助に思いをはせる老人との出会いを書き留めている。老人のことばが物悲しい。

「西軍はね」

老人は官軍のことをそういう。

「長岡の継之助のいうことをあたまからきかなかった。・・・長岡の継之助はね」

と、言葉をとぎらせた。つぎになにをいうのかと期待したが、なにもいわなかった。慈眼寺は町のなかにある。もうその山門の前にきていた。老人はその風雨に白寂びた山門を見あげながら、「悲しかっただろうよ」と、さっきの言葉のつづきを言い、そのまま下駄の歯音もたてずに行ってしまった。(下巻・P287)

 

小千谷談判の決裂を耳にした継之助の父・代右衛門は、継之助の妻・おすがを相手に語る。「かわいそうに。あいつの夢がやぶれた」と。

 

「きわどい夢をみていたのだよ」「どういう?」

「日本中が京都か江戸かにわかれて戦争をしようというときに、あいつは長岡藩だけはどっちにも属せずに割拠(武装独立)しようと思っていたのだ」

武装独立をした上で、この信濃川沿いの七万四千石の地に継之助の考える理想国家をつくりあげようとしていた。

「きわどい夢というのは、日本中が大火事になっているときに、こんな小藩だけが自分勝手な国を作れるかどうか。そのきわどさに継之助は自分の夢を賭けていたのだ」

「官軍の軍監が、ひどい仕打ちをしたそうでございますね」

「軍監がわるいんじゃない」

と、代右衛門はいった。

「あれが、時勢だ。時勢の大波が猛りくるって藩境にせまっているのだ。その猛りが、人間のかたちをとって岩村という軍監の態度になったのだ。岩村の怒号は人間ののどから出たのではない。時勢の咆哮だ」(下巻・P295)

長岡藩は奥羽同盟に名を連ね、官軍と戦う決意を固める。 ここから戊辰戦争のなかでも凄惨きわまる北越戦争が始まるのである。官軍は行く先々で小藩を脅しつけては呑み込んでいき、巨大なうねりとなって押し寄せている。

しかし、だ。

     考えてもみよ。

と、継之助はおもう。いまこの大変動期にあたり、人間なる者がことごとく薩長勝利者におもねり、打算に走り、あらそって新時代の側につき、旧恩を忘れ、男子の道をわすれ、言うべきことを言わなかったならば、後世はどうなるのであろう。

     それが日本男子か。

と、おもうにちがいない。その程度のものが日本人かと思うだろう。知己を後世にもとめようとする継之助は、いまからの行動はすべて「後世」という観客の前でふるまう行動でなければならないと思った。

さらにまた。

人間とはなにか、ということを、時勢に驕った官軍どもに知らしめてやらねばならないと考えている。驕りたかぶったあげく、相手を虫けらのように思うに至っている官軍や新政府の連中に、いじめぬかれた虫けらというものが、どのような性根をもち、どのような力を発揮するものかをとくと思い知らしめてやらねばならない。(下巻・P302)

旧幕軍はよく戦った。しかし兵力が足りない。継之助は長岡藩の精鋭を藩境の榎峠に配置していたのだが、そのため手薄になっていた長岡城を山県狂介率いる官軍が奇襲攻撃するのである。長岡城はあえなく陥落してしまい、長岡城下は官軍に火をつけられ焦土と化すのである。家を捨てて逃げまどう人々に継之助は詫びるしかない。河井継之助が敗北した瞬間だった。

 

その後、長岡城は長岡藩の兵士たちによって奪還される。しかし、長岡勢が長岡城を保ったのはわずか四日間だった。官軍の大群が艦隊に輸送されて松ヶ崎海岸の上陸し、さらには新発田藩も官軍側に寝返ったため持ちこたえられなかったのだ。継之助も左脚に被弾し重傷を負ってしまう。長岡軍はついに城を放棄し、領土も放棄し、会津まで退却することになった。継之助は担架に乗せられ国境を越えた。

八十里 こしぬけ武士の 越す峠

と、継之助は自嘲する。

会津領只見村でいよいよ容体が悪化したのでここにしばらくとどまり、旧幕府の洋医、松本良順の診察を受ける。その後会津若松に向かい、塩沢村の医家矢沢氏の屋敷を宿所とした。ここが継之助の終焉の地となった。

継之助は使用人の松蔵を呼び「もうおっつけ官軍がくる。それまでにわしは自分の始末をせねばならぬ。わしが死ねば死骸は埋めるな。時をうつさず火にせよ」といい、自分の目の前で棺を作らせるのである。自分を焼くであろう薪を積み上げさせ、松蔵の作業する足元を照らす明かりの火を見つめ続ける最期は印象的である。

 

河井継之助は、封建社会が崩壊し武士の世も滅びることを誰よりも早く見通していた。時勢が官軍を後押ししていることもわかっていた。しかし自分の置かれた立場がそれを許さない。だから継之助は、成功か不成功かという目先の利益を乗り越えて「どう行動すれば美しいか」をぎりぎりまで模索することを選択した。

誰しも理想の環境が身の回りに整っているわけではない。そのとき人間はどう振舞うべきか。河井継之助の生き方は現代人にも勇気を与えてくれる。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村