こだいらぽんたの読書日記

古典多めの読書日記です。名作映画100選もあります。

「新秩序を追い求めた織田信長vs旧秩序の復活を志向した明智光秀」司馬遼太郎著『国盗り物語』(3)織田信長<前編>(新潮文庫)

物語後半の主人公は、斎藤道三から、織田信長明智光秀に移っていく。織田信長は道山の娘・濃姫の婿であり、明智光秀は道三の正妻・小見の方の甥にあたる。道三はこのふたりの才能を高く評価した。「わしは一生のうちずいぶんと男というものを見てきたが、そのなかで大器量の者は、尾張の婿の信長とわが甥(義理の)光秀しかない」と。織田信長明智光秀の運命は誰もが知っている。よりにもよって、そのふたりを斎藤道三が認めていたなんて仕掛けはあまりにも絶妙すぎる。

f:id:kodairaponta:20180806160417j:plain

司馬遼太郎著『国盗り物語』(3)織田信長<前編>(新潮文庫

ざっくりした内容

*クーデターを起こし、美濃を征服した斎藤道三。だが今まで土岐氏に仕えていた美濃勢は黙っていない。だから、表向きは義理の息子(実は土岐頼芸の子)の斎藤義竜(よしたつ)に家督を譲ったことにして、実権だけは手放さないという形を取った。ところが、道三と義竜は反りが合わない。お互いの悪感情はもつれにもつれ、ついに大爆発を起こし、義竜はクーデターを決行する。義竜と戦った結果、道三は死ぬ。だが道三は娘婿の織田信長に向けて、「美濃を譲る」という遺言状を書いていたのだった。この譲り状を受け取った信長は狂ったように援軍に向かうが、間に合わなかった。

織田信長は、織田の本家を蹴散らし清州城を手に入れ、尾張を統一した。桶狭間の戦いでは、イチかバチかの作戦で今川義元を打ち破り、うなぎ上りに実力をつけていく。あとは美濃を攻略して、道三の遺言を果たすのみだ。だが、斎藤義竜は戦に強く、信長は連戦連敗。ところが、信長は思わぬ幸運に助けられ、美濃を手に入れることができる。難敵・義竜が卒中で突然死してしまったのだ。バカ息子の義興は怖くない。美濃の竹中半兵衛を味方につけることができたこともあり、信長は美濃を攻略した。

斎藤道三の味方だった明智家の人々は、道三が死んで没落。明智光秀は牢人となり、貧乏のどん底を味わう。しかし、教養豊かだった光秀は、足利将軍義輝に接触し信頼を勝ち取ることに成功する。光秀の夢は足利将軍家を再興させ、旧来の秩序を取り戻すことにあった。そんな折、京を牛耳っていた大名・松永久秀の謀略で、義輝は暗殺されてしまう。義輝の代わりに、自分たちの操り人形となってくれる将軍を立てようという思惑だ。そうはいかない。光秀は細川藤孝とともに、義輝の弟・覚慶(のちの義昭)を将軍を擁立し、足利幕府を再建しようとする。

かんたんレビュー

この巻で読む明智光秀は新鮮だ。土岐家の支族・明智家という名家に生まれ、教養豊かで、当時新兵器だった鉄砲の技術もあり、15代将軍足利義昭の信頼を勝ち得た男。そして、「天下を治めるのにふさわしい男は、信長ではなく自分だ」と信長への対抗意識に燃えている男でもある。だが、光秀の野望はあくまでも足利幕府の再興であり、旧秩序を復活させることで、乱世を治めようとするものだった。新しい秩序を追い求めた織田信長とは対照的な人物として描かれている。

織田信長の描き方もいい。斎藤道三が信長に興味を持ち、美濃と尾張の国境付近で会見する場面がある。会見の前に、道山は信長の姿を見ておこうと町に出る。道三が目にしたのは、腰にひょうたんをいくつも結び付け、背に極彩色の大きな男根を描いた浴衣を着て馬にまたがっていた信長の姿だった。あきれかえった道三は「向こうがあんな格好なら、こちらも正装をする必要はないかな」と思い、平服で会見に臨む。ところが会見場で道三はあっと驚く。目の前に現れたのは、髪をつややかに結い上げ、れっきとした正装をした織田信長の姿だった。この信長の登場の仕方がカッコいい。

斎藤道三織田信長を高く評価し、最期には美濃一国の譲り状まで送った。密書を受け取った信長の驚きは計り知れなかった。

遺書である。

しかも、美濃一国の譲状であった。読み終わるなり信長は、

「ま、まむしめっ」

と世にも奇怪な叫び声をあげた。信長は立ちあがった。蝮の危機、蝮の悲愴、蝮の末路、それは信長の心を動揺させた。それもある。しかし亡父のほかはたれも理解してくれる者のいなかった自分を、隣国の舅だけはふしぎな感覚と論法で理解してくれ、気味のわるいほどに愛してくれた。その老人道が、悲運のはてになって自分に密書を送り、国を譲る、というおそるべき好意をみせたのである。これほどの処遇と愛情を、自分はかつて縁族家来他人から一度でも受けたことがあるか。ない。

と思った瞬間、

「けーえっ」

と意味不明な叫びをあげていた。(『国盗り物語』(3)P232-233)

 子どもの頃は「たわけ殿」と言われたとか、気が短くて恐れられたとか、血も涙もない人間ように伝えられている織田信長が、こんな感情豊かな男として描かれているのだ。こうした人間くさいところが、なんともいい。

 

ところで、斎藤道三編とはうってかわって、第三巻の織田信長編からは有名な武将の名前が数多く登場する。彼らのエピソードも興味深い。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村