こだいらぽんたの読書日記

古典多めの読書日記です。名作映画100選もあります。

ダーウィン著『種の起源』(上・下)(渡辺政隆訳/光文社古典新訳文庫)

ダーウィン著『種の起源』(上・下)(渡辺政隆訳/光文社古典新訳文庫

f:id:kodairaponta:20170110190251j:plain

「人間の祖先は猿だった。猿が進化して人間になったのだ」という説をぶち上げて、世界中の人たちから非難された人。それがダーウィンのイメージだった。

ところが『種の起源』には、そんな記述はこれっぽっちも出てこない。進化論に賛成だの反対だの言っている人たちの中で『種の起源』を読んだ人はどれだけいるのだろう。

ダーウィンがさまざまな観察と考察から導き出した仮説は面白い。すべての動物と植物は、ある一種類の原型に由来しているというのだ。

「動物はせいぜい四種類か五種類の祖先に由来しており、植物はそれと同じかそれよりも少ない数の祖先に由来していると、私は信じている。類推をさらに働かせるならば、すべての動物と植物は、ある一種類の原型に由来していると信じるところまで踏み込める。(中略)したがって私は類推から出発して、地球上にかつて生息したすべての生物はおそらく、最初に生命が吹き込まれたある一種類の原始的な生物から由来していると判断するほかはない」(「種の起源(下)」P394~P395)

 生物は変異を起こす。もしその変異が多くの子孫を残すことに有利に働くならば、それは遺伝する。その積み重ねの過程が、もともとあった原種とは違った「変種」を生み出すことになり、やがてひとつの「種」を生み出すことになる。これが「自然淘汰説」だ。元々は猿も人間も動物も植物もない。みんな同じ幹から枝分かれした結果なのだ。

自然淘汰説は後世、「劣等民族は淘汰されてしかるべきである」という恐ろしい物語を作るのに悪用された。しかし『種の起源』からそんな荒唐無稽な物語は読み取れない。『種の起源』から読み取れるのは、地球上にいる生物は根っこが同じ一本の樹木なのだという真逆の物語だ。


他にもたくさん興味深い部分がある。植物でも動物でも、近親間の交雑だと活力のある子どもが生まれず、繁殖力も弱くなる。だから「近親相姦」を避けるために、植物もいろいろ工夫をしているのだ。一つの花におしべとめしべがある植物は、めしべの柱頭に受粉の準備ができる前に、おしべの葯がはじけるようになっているという。ほかにもさまざまな動植物の生態が書かれていて面白い。


それにしても、また思い知らされた。原典にあたらずに、その本を読んだ気になってはいけない。翻訳書だってかまわない。ショーペンハウアー『読書について』に書いてあるとおり、周辺の本ではなく「もとの本」にあたる姿勢を持ちたい。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村