こだいらぽんたの読書日記

古典多めの読書日記です。名作映画100選もあります。

ソポクレス著『オイディプス王』(藤沢令夫訳/岩波文庫)

ソポクレス著『オイディプス王』(藤沢令夫訳/岩波文庫

f:id:kodairaponta:20161018163542j:plain

「青木の世界史B実況中継」に感化されて読んだ本だ。「実況中継」の表記では「ソフォクレス」になっている。
脚本形式だが、非常に読みやすかった。描写が生々しくてグロテスクで迫力がある。

テバイの王ライオスは「やがて生まれてくる自分の子供に、殺されるだろう」というお告げを受ける。これを恐れたライオスは、妃イスカオテとの間に一子が生まれると、羊飼いをしていた下僕にこの子を手渡し、山奥で葬り去るように命じる。
しかし、この子を哀れに思った下僕は、コリントスで同じく羊飼いをしていた男にこの子を手渡す。羊飼いが「自分の故郷の、遠い他国へ連れ去る」ことを願って手渡したのだ。
しかしこの子は羊飼いにはならなかった。「オイディプス」と名付けられ、子供のいなかったコリントス王の実子として育てられたのだった。
その後、成長したオイディプスは、「三筋の道の合わさるところ」で偶然出会ったライオスともめごとを起こし、実の父親とは知らず家来もろとも殺害してしまう。そして、テバイの王となり、自分の実の母親であるとも知らずにイスカオテと結婚、4人の子供を作る。
その秘密が劇中で徐々に明らかになり、イスカオテは首吊り自殺。父親殺しと近親相姦の罪に苛まれたオイディプスは自ら自分の両目を刺し貫き、かつて自分が捨て去られた山間へ去る。

オイディプスの捨てられ方はグロテスクだ。両足のくるぶしを留金で刺し貫いている。殺すならさっさと殺せばいいのに、なぜわざわざこんなことをする?「オイディプス」は「腫れた足」という意味だそうだ。

しかも羊飼いの男に直接子供を「殺すように」と手渡したのは、ライオスではなく、母親のイスカオテだった。息子が母親に愛着を持ち、父親に対して抑圧した心理を指すことばである「オイディプスコンプレックス(エディプスコンプレックス)」はこの物語から生まれたはずだが、息子を山に捨ててくるように命じたのは母親だったのだ。これにはどういう意味があるのだろうか。


伝聞で語られる、両目を刺し貫いたオイディプスの描写も生々しい。

「いくたびもいくたびもあのかたは、手をふりかざしては両の眼を突き刺しつづけました。そのたびごとに血は瞳より噴き出て顎のひげを濡らし、その有様はとても、したたり落ちる滴というようなものではなく、まさに黒い血のりの雹(ひょう)さながらに、どっと流れて降りそそぐのでした」(115ページ~116ページ)

 紀元前に、これだけ迫力のある描写ができる人間がいたことが驚きだ。
解説によれば、ソフォクレスは悲劇競演で24回も優勝しているのだという。しかし「オイディプス王」の演目だけは二等賞だった。悲惨すぎて当時の観客に受けなかったのだろうか。こうした内幕も面白い。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村